G-7土山サーキット:カートの楽しさをあなたにも。 レンタルカートコース場

ホーム > ニュース > レッドブル カート ファイト 1次予選について

G-7土山サーキットのニュース

4月9日(土)

レッドブル カート ファイト 1次予選について

こんにちは!

レッドブルカートファイトの予選のご案内をいたします。

タイヤはダンロップを使用します。(予選日までは使用しません)

 

無題

レッドブルPOP

 

体重別のクラス分けなど細かい内容は、【レッドブルカートファイト2016】のホームページに掲載されています。

必ずご確認ください↓↓

http://www.redbull.com/jp/ja/motorsports/events/1331784008061/rbkfjp16

以下は上記アドレスのレッドブルカートファイト2016のHPからの引用です。

 

Red Bull Kart Fightは、一般を対象としたアマチュア日本No.1カートレーサーを決めるイベント。2012年の第1回大会で澤田真治選手(当時13歳)、第2回大会で久保誠選手(当時29歳)第3回大会で川福健太(当時31歳)、第4回大会で金沢大景(当時35歳)がチャンピオンに輝いてる。

本年度は第1次、第2次予選ともに体重別に3クラスに分けてレースが行われる予定。5月7日から第1次予選を開催し、勝ち上がった選手が9月18日(日)の関東予選(新東京サーキット)を皮切りに、全国4か所で行われる第2次予選で競い合う。そして第2次予選を通過した24名と昨年ジャパンチャンピオンに輝いた金沢選手がJapan Finalに出場する。

<Red Bull Kart Fight 第1次予選 実施概要>
日程/会場第1次予選会場にて5月7日(土)~6月5日(日)の期間に実施。
 

<Red Bull Kart Fight 第2次予選 実施概要>
日程/会場
9月18日(日) / 関東予選 新東京サーキット(千葉県)
9月25日(日)/ 中国・四国・九州予選 ナチュラサーキット(山口県)  10月16日(日) / 中部・関西予選 美浜サーキット(愛知県)
10月23日(日) / 北海道・東北・新潟予選 スポーツランド菅生(宮城県)

<Red Bull Kart Fight Japan Final(ジャパンファイナル) 実施概要>
日程/会場11月に開催予定。
※第2次予選の上位24名と昨年のJapan Final チャンピオンの計25名参加

参加人数:第1次予選会場によって異なります。

使用車両:全てレンタルカートを使用します。
第1次予選…第1次予選会場が所有するレンタルカート
第2次予選、ジャパンファイナル…レッドブル・カートファイト大会事務局が所有するレンタルカート
※事務局車両、フレーム:ビレルN35-X/エンジン:ヤマハMZ200/
タイヤ:ダンロップDF2

オフィシャルパートナー:ダンロップ、ユーロスポーツ、ビレルパシフィック

 

<募集要項>
参加資格:
・年齢13歳以上(2次予選開催日時点)
尚、F4やFCJ(4輪)など、事務局が指定したカテゴリーに現役(2013年以降)
で参加している方除く
・カートライセンスまたは普通自動車運転免許証(AT限定可)所持者
・本人専用のメールアドレスを所持し、所定の承諾書に署名できる方
・身長については、正しい位置でペダルが操作できること

募集期間:5月7日(土)以降
※第1次予選会場毎に異なります。
※ご不明な点は、事務局または各予選会場にお問い合わせください。

参加申込:第1次予選各会場の応募方法に従ってお申込み。
※第1次予選では複数の会場へ参加することが可能です。
参加申し込みは、体重別の3クラスに分かれています。
①53kg未満
②53g以上 63kg未満
③63kg以上
(計測は装備重量)

参加制限:プロドライバーの参加はできません。プロドライバーの判定は1次予選会場、又は主催者が行いますので、直接会場にお問い合わせ下さい。

参加できない方:
・体格によってシートに座ることができない方
・ご妊娠中の方
・心臓疾患のある方、血圧に異常のある方
・首、背中、腰、脊髄に異常のある方
・酒気、薬物の影響を受けている方
・固定されていない補助具、人口器官を身につけた方
・主催者、事務局、コーススタッフの指示に従えない方や安全に走行できないと
判断された方
・ハイヒール、サンダル(クロックス含む)、スカート、ショートパンツを着用された方
第1次予選通過:第2次予選への参加が決定した方には運営事務局より連絡します。

参加費:無料
※但し、各会場で開催する第1次予選は有料になる場合があります
※事務局の指定する障害保険への加入が必要です。保険料は各自負担
※現地までの交通費は各自負担

ドライバー装備:カート用スーツもしくは4輪用レーシングスーツまたはメカニックスーツ(厚手の布つなぎ)。
長袖・長ズボンであっても、安全面強化の観点から、薄手のアンダーウェア系や全身タイツ的なウェアは禁止とする。
ヘルメットはフルフェイスタイプ。
滑り止めの着いた手袋(軍手可)を着用。
18歳未満の参加者は安全のためネックガード(ネックサポート)の装着を推奨
※装備品は各自でご用意下さい。
※走行中の携帯電話や無線は使用禁止。
※車載カメラ等の車両への取り付けは禁止。ヘルメットに固定する場合は、走行中に外れないよう対策を取ること。
※捨てバイザーの装着は可能ですが、走行中の取り外しは禁止。
※サイクルウェアなどカート走行での着用を想定していないスポーツウェア類もNG。ウェアに関するジャッジは主催者、事務局、コースが行い、その判断に関するクレームは一切認められませんのでご注意ください。

 

 

現在モータウン土山サーキットではこのビッグイベントに伴って、超お得なキャンペーンを期間限定で行っております!!

無題a

ご来店お待ちしております^^

ページ先頭へ

  • 会社情報
  • サイトマップ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー